住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

日本対マリ

2018年3月24日 (土) 17:59

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 23日にサッカー日本対マリの親善試合が行われました。

結果は、1対1の引き分け。PKで先制され、後半アディショナル

タイムに中島選手のゴールでなんとか追いつきました。

 W杯にむけて、選手同士で生き残りをかけた戦いなので、当落

線上の選手が試されたような試合になりました。

 宇佐美、久保、大島、宇賀神、森岡などは試験だったのかと。


痛かったのは大島選手の怪我でした。前半は中盤で、大島選手が

テンポの良いショートパスや縦パス、素早いターンで宇佐美、大迫

、森岡とうまく絡みながらチャンスを作りだしていました。

しかし、前半途中で足のふくらはぎを押さえたところで、走れなく

なり交代となりました。前回の日本代表の試合で痛めた肉離れの

再発かと思われます。大島選手 ⇒ 山口選手に交代し攻撃に変化が乏しく

なりました。

 宇賀神に関しては、慣れない右サイドバックと慣れないアフリカ系選手

との対戦で、タックルが遅れたり、パスが弱かったり、PKを与えたシーン

では、自分でボールを蹴れると思った瞬間相手の足が予想以上に伸びて

きて、相手の足を蹴ってしまいました。前半で試験が終了してしまいました。

 久保、森岡に関しては、攻撃でも守備でも期待以上のものは出せず、宇佐美

にしても、好調になってきている様でしたので期待していましたが、思った

様な違いは見せられませんでした。宇佐美は、右サイドで使ってみてみたい

と思っています。

 交代ででてきた、中島選手は縦への推進力があり、右サイドで原口・乾選手の

控えになりそうなので、好調を維持して欲しいです。

 本田選手はどうするのか、ハリルの中では決めているのでしょうか。

一度、FWで試してみるのもありなのかと。


 先制された試合で、ハリルはどのように動くのかと思ってみていましたが、

2トップに変えただけで、特に動きがありませんでした。W杯に向けあえて、戦術

の変化をみせる必要はない、という事なのかと思いますが……

今回の親善試合は、香川、岡崎、吉田など主力選手に怪我人が多く、選手選考の

場になっていますが、戦術の変化やポジションの入れ替えなども、試して欲しい

と個人的には思いました。

W杯に向け、残りわずかとなってきましたが、厳しい状況は変わらないみたい

です。




カテゴリー: 日々の出来事

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2022年6月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お知らせ

2021.12.17
年末年始のお知らせ 12月30日~1月4日まで、お休みいたします。年始は1月5日からになります。
2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
2021.4.24
GWのお知らせ 日曜・祝日はお休みになりますが、5月5日(水)は通常通り、行っております。お気軽にご連絡ください。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop