住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

ブラジル戦について(愚痴です)

2017年11月11日 (土) 18:51

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 昨日のブラジル戦の試合を観て、残念な気持ちになりました。

まあ、白鳳に負ける幕内力士の対戦を見たような感じですね。

しかし、ワールドカップに向けて、改めて力の差を思い知らされ

たのは、良い教訓にしないといけないですね。


 パスのスピード、トラップ、決定力などの個人差。

後ろで回しながら、日本の選手を誘い、縦にパスが入ると

一気にギアが上がりゴール前に迫る攻撃力、ダイレクトプレーの

正確さ。なかなか、ボールを奪い攻撃につなげるのは難しいと

早い段階で日本の選手たちも感じたのでしょう。

 じりじり下がり、1失点目は吉田選手のファウル、2失点目

は井手口選手のクリアミス、3失点目はカウンターから崩され、

その後のブラジルは明らかにギアを落としてプレーしていたので、

試合としては、面白みがなかったですね。

 後半は、日本にもチャンスが何回かありましたが、ワールドカップの

本番ではあそこまで気を抜いてブラジルも戦わないでしょう。

 前半の3失点目で試合は決まってしまったので、そこまでの時間帯

で日本が得点をあげるにおいは、しませんでした。

 吉田選手がFKを蹴ったのには、驚きましたが。昨日のスタメンには、

FKが上手な選手がいないという事になるでしょう。

 得点が取れたのは、CKから槙野選手のヘッドによる1点のみ。

セットプレーからの得点はとても大きいので、本番までに、蹴れる選手と

もっと精度を高めて欲しいと思いました。


 カナリア色のユニフォームを着て戦うという事は、常にワールドカップで

優勝を義務づけられているという重圧に耐えなければならないのです。

 日本戦の後半の戦いぶりも、ブラジルでは批判の的になるのでしょう。

常にプレッシャーに晒されて、勝利、しかも圧倒的な勝利を課せられている

選手達にとって日本は練習相手であり、まだ本気にさせてくれる相手には

なっていないのだと改めて痛感させられました。

 本田選手も差が広がっているとコメントを(自分が出ていても同じだったと

思いますが、との事)

 これだけ、多くの選手が海外でプレーできるようになっても、なかなか

日本代表が強くなったとは実感できません。これは、代表の監督が4年で

交代し、また新しい監督がくると、その監督の色にすべてが変わってしまう

という事になるからでしょう。チームとしての積み重ねが無いから、なの

でしょう。

 日本スタイルのサッカーとは?改めて協会を含めて考えていかないと、

チームとして受け継がれていかないのではと思いました。

 まだ、時間はありますので、本番では素晴らしい戦いをチームとして

見せて欲しいですね!








カテゴリー: 日々の出来事

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2022年6月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お知らせ

2021.12.17
年末年始のお知らせ 12月30日~1月4日まで、お休みいたします。年始は1月5日からになります。
2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
2021.4.24
GWのお知らせ 日曜・祝日はお休みになりますが、5月5日(水)は通常通り、行っております。お気軽にご連絡ください。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop