住吉駅徒歩10分。この道12年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

サッカーワールドカップアジア最終予選 オーストラリア戦

2017年9月4日 (月) 16:05

 こんにちは!

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 先日、サッカーワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦がありました。

スタメンに井手口、乾、浅野を起用し、フォーメーションの変更には驚きました。

博打かなと思いましたが、ハリル監督の戦術が見事にはまりました。


 南アフリカのワールドカップで岡田監督がアンカーに阿部を起用して、

長谷部、遠藤のトリプルボランチで本番にいきなり臨んだのを思い出しました。

 ザッケローニ監督時代のボールをキープして、パスサッカーで相手を崩していく、

という戦い方からガラッと変わり、相手に持たせてショートカウンターで点を取る、

という戦術にハリル監督になり、アジアのレベルではキープして戦った方が

良いのではと思っていました。

 本大会で格上に対しては、そういう戦い方で良いかと思いましたが、ハリル監督には

オーストラリア戦では、この戦術による自信と覚悟があった様な気がします。


 日本代表のメンバーも、層が厚くなりました。海外組でも代表には選ばれないなど、

本田、香川でさえも戦術によってはハリル監督の戦い方では必要ない場合が出てくる

と思います。

 若手の台頭もあり、次のロシア本大会が楽しみになりました。


 ちなみに、この試合は現地で見てました(笑)

IMG_20170831_185857 IMG_20170831_193446

初戦のUAE戦も埼スタに観に行き、凹んで帰ってきましたが、今回は最高の結果が

出て、最高にうれしかったです。


翌日、録画した試合を観ていましたが、やはりほぼ完璧なプランだったと思いました。

解説の山本昌邦さんが井手口がゴールを決めた後に、「この丸いボールは、想いのある人に転がってくるのですね!」と話していたのが印象的でした。

前半はポジショニングや詰めるタイミングなど、長谷部に色々と指示を受けながらも、

とにかく頑張って走り切ったご褒美が、井手口に転がってきたのでしょうね。

カテゴリー: 日々の出来事

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜午後,日曜・祝日

03-5690-0178

ページの先頭へ戻る

gotop