住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

上腕骨内側上顆炎 (ゴルフ肘、野球肘) ~①~

2018年9月21日 (金) 10:32

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 朝晩、涼しくなってきましたね。

季節の変わり目は、やけに眠たい事がありますね。

身体も、秋の気温にあった身体に変化し、体調も変わりやすい

ので、お気をつけください。


 今回は、肘の内側の痛みになります。

肘の内側、上腕骨内側上顆の痛みは、ゴルフやテニス、

野球をされる方に多くみられます。

 ゴルフは、大人の方に多く、練習やラウンドをたくさん

される方、クラブを強く握りすぎる方にみられます。


 野球では投手で小~高校生の成長期に多くみられます。

最近では、変化球を小さなうちから、あまり投げさせませんが

子供の頃から変化球を多投し、肘の内側の痛みがなかなか取れなくて、

早いうちに投手生命を絶たれた子も多くいました。


テニスの場合、肘の外側の痛みがバックハンドで、

フォアハンドやサーブでの痛みが肘の内側、上腕骨内側上顆

にみられます。

そのほかに、投擲競技やハンマーを打つ、PC作業などでも

痛みが現れる事もあります。


 症状としては、手首や指に力を入れて曲げると痛い肘の内側を

押すと痛む、上記のスポーツなどで前腕、手首に力が入ると痛む。

 痛いのに無理をして運動をすると、運動後にジンジンと痛む

ような時もございます。

上腕骨内側上顆(肘の内側)に手首、指を曲げる筋肉

が付着しています。s_IMG_20180920_141229_LI付着部付近の筋肉が微細な断裂を起こし、

炎症が起き痛みがあらわれます。

 年齢的なものや、繰り返しの動作、負荷のかかる運動などで

起きやすくなります。

 予防としては、手首の関節をよく動かす。前腕の筋肉をストレッチ。

s_IMG_20180915_142145_LI

肘のサポーター(ゴルフ肘、テニス肘用)をする。

痛い動作をしないようにする。等があります。

 少し痛い、押すと痛む、力を入れると痛い、などありましたら、

早めに対処する方が治りが早いので、違和感を感じたら早めに

ご相談ください。

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2022年11月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お知らせ

2022.8.1
夏季休暇のお知らせ 8月11日~15日までお休みとさせて頂きます
2021.12.17
年末年始のお知らせ 12月30日~1月4日まで、お休みいたします。年始は1月5日からになります。
2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop