住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

上腕骨内側上顆炎 (ゴルフ肘、野球肘) ~②~

2018年9月22日 (土) 16:21

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 もうお彼岸になりますね。

彼岸花が、あちこちで咲いています。綺麗な花ですが

、なぜそのような名前がつけられたのでしょう。

調べましたら、昔は土葬の際に、死体に動物が近づかない

ように、植えられたそうです。

彼岸花は、球根~茎~葉まで全て毒が含まれているそうです。

彼岸花が、死者を守ってくれている、という事だった様です。

あんなに綺麗な花なのに、毒があるのには驚きですね。


先日に続き、上腕骨内側上顆炎についてお話しいたします。

肘の内側の痛みで、ゴルフ、野球、テニスなどで痛める事が

とても多くゴルフ肘などと言われたりしています。


 治療法は、上腕骨外側上顆炎の治療、予防とほぼ同じようになります。

まず患部の安静。痛みが強い場合は手首が動かないように、

固定する場合もあります。

 電気治療や手技療法で、筋肉の緊張を緩め、患部の炎症や損傷、

痛みを、緩和させていきます。

鍼治療も、とても有効な場合が多くみられます。


予防としては、上腕骨内側上顆に付着する筋肉の

ストレッチがあげられます。

s_IMG_20180915_142145_LI



痛みが強い時には、無理

しないようにしましょう。

 拮抗筋である、上腕骨外側上顆の筋肉のストレッチ

s_IMG_20180915_142150_LI


また、肩甲骨の動きが悪いと、痛みが取れずらいので

肩甲骨を回したり、肩甲骨に付着する筋肉のストレッチ

なども大事になります。

 また、スポーツ等で痛めた場合には、筋トレ

なども大事になります。運動後に痛む場合には

アイシングを行った方がよいでしょう。

 また、肘専用のサポーター(上腕骨外側、内側上顆炎)

を装着するのもよいでしょう。


なかなか痛みが取れない、しつこく痛む場合もありますので、

お気軽にお問い合わせください。

上腕骨内側上顆炎 (ゴルフ肘、野球肘) ~①~

2018年9月21日 (金) 10:32

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 朝晩、涼しくなってきましたね。

季節の変わり目は、やけに眠たい事がありますね。

身体も、秋の気温にあった身体に変化し、体調も変わりやすい

ので、お気をつけください。


 今回は、肘の内側の痛みになります。

肘の内側、上腕骨内側上顆の痛みは、ゴルフやテニス、

野球をされる方に多くみられます。

 ゴルフは、大人の方に多く、練習やラウンドをたくさん

される方、クラブを強く握りすぎる方にみられます。


 野球では投手で小~高校生の成長期に多くみられます。

最近では、変化球を小さなうちから、あまり投げさせませんが

子供の頃から変化球を多投し、肘の内側の痛みがなかなか取れなくて、

早いうちに投手生命を絶たれた子も多くいました。


テニスの場合、肘の外側の痛みがバックハンドで、

フォアハンドやサーブでの痛みが肘の内側、上腕骨内側上顆

にみられます。

そのほかに、投擲競技やハンマーを打つ、PC作業などでも

痛みが現れる事もあります。


 症状としては、手首や指に力を入れて曲げると痛い肘の内側を

押すと痛む、上記のスポーツなどで前腕、手首に力が入ると痛む。

 痛いのに無理をして運動をすると、運動後にジンジンと痛む

ような時もございます。

上腕骨内側上顆(肘の内側)に手首、指を曲げる筋肉

が付着しています。s_IMG_20180920_141229_LI付着部付近の筋肉が微細な断裂を起こし、

炎症が起き痛みがあらわれます。

 年齢的なものや、繰り返しの動作、負荷のかかる運動などで

起きやすくなります。

 予防としては、手首の関節をよく動かす。前腕の筋肉をストレッチ。

s_IMG_20180915_142145_LI

肘のサポーター(ゴルフ肘、テニス肘用)をする。

痛い動作をしないようにする。等があります。

 少し痛い、押すと痛む、力を入れると痛い、などありましたら、

早めに対処する方が治りが早いので、違和感を感じたら早めに

ご相談ください。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘) ~②~

2018年9月15日 (土) 15:38

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 先日に続き、テニス肘についてになります。

治療や予防について、お話させていただきます。

 最近では、スマホ・PC肘という方も、多くみられます。

長時間のスマホ・PC 使用は前腕に過度の負担がかかり

ますので、お気を付けください。



 痛みの原因としては、上腕骨外側上顆に付着する、

s_IMG_20180912_184810_LI

筋肉の微細な損傷により炎症や痛みが起こります。

 長引く場合は、石灰化しているケースもあります。

このような場合、強く物などを握ると痛いので、握力

が低下する場合もあります。


 治療法は、まず患部の安静。痛みが強い場合は手首が

動かないように、固定する場合もあります。

 電気治療や手技療法で、筋肉の緊張を緩め、患部の

炎症や損傷、痛みを、緩和させていきます。

鍼治療も、とても有効な場合が多くみられます。


 予防としては、上腕骨外側上顆に付着する筋肉の

ストレッチがあげられます。

s_IMG_20180915_142150_LI


痛みが強い時には、無理

しないようにしましょう。

 拮抗筋である、上腕骨内側上顆の筋肉のストレッチ

s_IMG_20180915_142145_LI

また、肩甲骨の動きが悪いと、痛みが取れずらいので

肩甲骨を回したり、肩甲骨に付着する筋肉のストレッチ

なども大事になります。

 また、テニスなどのスポーツで痛めた場合には、筋トレ

なども大事になります。

 前腕の筋肉や握力を鍛える事も、予防につながります


 なかなか痛みが取れない、しつこく痛む場合もありますので、

お気軽にお問い合わせください。


上腕骨外側上顆炎 (テニス肘) ~①~

2018年9月12日 (水) 20:43

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 急に、朝晩寒くなってきましたね。

夏の疲れが出てきて、体調を崩される方が多く

みられます。

 睡眠を多くとって、頑張りすぎないようにお気をつけ

ください。


 上腕骨外側上顆炎、いわゆるテニス肘と言われて

いるものです。テニスをされる方に多くみられる事から

そう言われる事が多いのでしょう。

 テニス以外でも、ゴルフ、野球、バトミントン、陸上の投擲など

でも多くみられます。また、調理人、大工、PC作業、腕を多く使う

仕事など、様々な職種の方でもみられます。


 上腕骨外側上顆(肘の外側)に手首、指を伸ばす筋肉

が付着しています。付着部付近の筋肉が微細な断裂を起こし、

炎症が起き痛みがあらわれます。

 年齢的なものや、繰り返しの動作、負荷のかかる運動などで

起きやすくなります。


 症状としては、肘外側~前腕にかけて痛みがみられます。

物をつかみ持ち上げる、タオルをしぼる、テニスのバックハンドや

ボレー、フライパンを振る、パソコンをする、子供の抱っこ、等々。

 前腕に力が入るときに、痛みがあらわれます。

痛みが強い時には、じんじん痛んだり、指先にまで痺れるような

感じがする事もあります。

 上腕骨外側上顆を押すと、著明な圧痛がみられます。

s_IMG_20180912_184810_LI

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2021年9月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お知らせ

2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
2021.4.24
GWのお知らせ 日曜・祝日はお休みになりますが、5月5日(水)は通常通り、行っております。お気軽にご連絡ください。
2021.2.1
3月より、毎週木曜日を終日お休みとさせて頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop