住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

急性腰痛(ぎっくり腰)について~②~ 筋筋膜性腰痛

2018年8月17日 (金) 18:41

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 お盆が明け、暑い夏から急に涼しくなりましたね。

もう秋がやってくるのかと思うと、子供の頃の夏休みが終わる

少し寂しい気持ちになりますね。


 急性腰痛、いわゆるぎっくり腰には、いくつかの種類があります。

椎間関節性、筋・筋膜性、棘間・棘上靭帯性、仙腸関節性

、椎間板性、腰椎椎間板ヘルニア、圧迫骨折、等々。


その中でも、筋・筋膜性の腰痛は椎間関節の次に比較的多くみられます。

お尻~背中の範囲で痛みが現れますが、多いのはウエストの外側辺り

に多くみられます。

 腰背部の筋肉は、浅背筋と深背筋にわかれています。

このうち筋・筋膜性の腰痛は深背筋にみられ、深背筋の脊柱起立筋に

多くみられます。

IMG_20180822_115711_LI (4)


 発症は、強く力が働いた時に発症しやすいです。

スポーツで身体を捻ったり、伸びたりした時。

転びそうになりこらえた時などでも、発症したりします。

 筋・筋膜性の腰痛は、腰背筋の筋や筋膜の過伸展、部分断裂、

により炎症がおきます。

 最初はあまり痛みを感じなくても、徐々に痛みがあらわれる

事が多いです。

 押すと痛みがハッキリとしていて、急性期には熱感や腫脹が

見られることもございます。


まず、安静が第一になります。痛み出して、1日~2日は無理をすると痛みが

強くなる事があります。入浴も急性期は止めた方がよいでしょう。アルコールも、

急性期や強い痛みがある場合は炎症を悪化させるので、止めた方が良いでしょう。

初期対応で、その後の治療経過が変わるので、早く治療を終えたい場合にはきちんと

安静と治療をされる事を、お勧めします。


 当院では、鍼灸、マッサージ、関節モビリゼーション、電気治療、

温熱療法、腰痛体操、日常生活指導などで、早期に回復を促します。

 お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 腰痛

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2021年10月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お知らせ

2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
2021.4.24
GWのお知らせ 日曜・祝日はお休みになりますが、5月5日(水)は通常通り、行っております。お気軽にご連絡ください。
2021.2.1
3月より、毎週木曜日を終日お休みとさせて頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop