住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

美容鍼 ~②~

2018年8月29日 (水) 20:16

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 先日に続き、美容鍼の話です。

鍼を顔のツボなどに刺す事により、表情筋の緊張を緩め

リフトアップの効果が期待できます。

普段から表情筋が、ストレス、加齢、疲労などにより、凝り

固まってしまいがちです。

鍼を刺す事で、筋緊張を緩め表情筋の動きをスムーズにします。

顔のたるみやほうれい線などの要因の一つとして、表情筋の

筋力の低下があげられます。

 筋力が衰えると、皮膚や脂肪組織を引き上げる力が弱くなり

重力に逆らえず、ほうれい線やたるみの原因になります。


 また、肌の真皮層のコラーゲンの減少は加齢や紫外線により

おきてきます。コラーゲンの低下は、ほうれい線やたるみの

原因になります。

 鍼を刺す事で、肌のターンオーバーを早め、コラーゲンの産生を

促し、ほうれい線やたるみの予防にもなります。


 メンテナンスとして、当院の美容鍼メニューも取り入れてみては

いかがでしょうか。

カテゴリー: 美容鍼

美容鍼 ~①~

2018年8月27日 (月) 20:10

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 まだ暑い日が続きますね。

先日は、タオルケットで寝ていたら、寒いと感じたのですが

昨日あたりは、窓を閉めて寝ていたら、暑くてびっしょりと

汗をかきました。

 でも、汗をかいた方が、身体がすっきりしていて、体調が

良くなったような気がします。

 普段、冷房で身体が冷えていたのかもしれませんね。


 美容鍼、数年前からよく、耳にする治療方法だと思います。

顔に鍼を刺す事で、血流がよくなり、新陳代謝を盛んにし、

肌の状態をよくすると言われています。


 昔から、顔にはたくさんのツボがあると知られています。

目や鼻、耳、歯の疾患や、頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺など。

それ以外にも、内臓疾患や精神安定のために使用したりします。


 昔から使われているツボの刺激は、鍼を刺すことにより、

肌を修復しようと、コラーゲンやエラスチンの産生を活発にする

言われています。

鍼をする事により、皮膚の真皮層に細かい傷をつけ、生体反応として

身体はそれを修復しようとします。

 これにより新陳代謝を盛んにして、張りのある瑞々しい肌に改善されると

考えられてます。

 紫外線、加齢により、コラーゲンが低下するのを防ぎます。

また、肌の修復に必要なエラスチンの産生も促します。

コラーゲン、エラスチンの産生が増加する事で、肌の張り、潤いをアップさせます。


 副作用がほとんど無く、自然の美しさを保つには、美容鍼は優れていると

思います。

 メンテナンスとして、当院の美容鍼メニューもぜひ取り入れてみてください。

カテゴリー: 美容鍼

急性腰痛(ぎっくり腰)について~③~ 仙腸関節性腰痛

2018年8月22日 (水) 14:49


 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 今年は台風が多いですね。東京にいると、大きな被害などは

あまりない様ですが、やはり台風の日には、あまり無理な外出

などはしない方が良いですね。おとなしく自宅で待機するという

事も大事です。風に煽られて転倒したりする事もございます。

 台風の際には、十分気をつけてください。


 急性腰痛、いわゆるぎっくり腰にはいくつか種類があります。

骨盤の部分、腰の下左右どちらかに痛みがでるのは、仙腸関節の痛み

かもしれません。

 仙腸関節とは、背骨の土台になる仙骨という骨と骨盤のウエストの

下に触れる腸骨という骨の関節になります。


s_IMG_20180822_115711_LI


s_IMG_20180822_115744_LI


 可動性はわずかですが、とても重要な役割を果たしています。

この関節の動きが悪くなると、歩行時にバランスが悪くなったり、

骨盤をうまく使えず腰痛の原因にもなります。

 背骨は横から見ると、s字状になっており、頭の重みをうまく

分散することができます。背骨がバネのようになっており、荷重を

吸収し分散することができます。

 仙腸関節の動きが悪くなると、バランスが崩れ、腰椎にかかる負担が

大きくなります


 妊婦の方がよく痛みを訴えたり、産後にバランスが悪くなっていて、

なかなか痛みがおさまらない場合もあります。

 また、ぎっくり腰として発症する事もあります。


 症状としては、座っているとお尻のあたりが痛くなる

痛い方を下にして眠ると痛む歩き出しに痛みを感じる。などです。

 痛む範囲は、腰の下の骨盤や、お尻、鼠径部、脚に痛みがでる事も

あります。

初期の段階で、きちんと治療をしないと、骨盤が歪んだまま、慢性腰痛になる場合も

あります。

きちんと治療を、受けられることをされた方が良いでしょう。

また、骨盤バンド、ストレッチなども、有効です。


お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 腰痛

急性腰痛(ぎっくり腰)について~②~ 筋筋膜性腰痛

2018年8月17日 (金) 18:41

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 お盆が明け、暑い夏から急に涼しくなりましたね。

もう秋がやってくるのかと思うと、子供の頃の夏休みが終わる

少し寂しい気持ちになりますね。


 急性腰痛、いわゆるぎっくり腰には、いくつかの種類があります。

椎間関節性、筋・筋膜性、棘間・棘上靭帯性、仙腸関節性

、椎間板性、腰椎椎間板ヘルニア、圧迫骨折、等々。


その中でも、筋・筋膜性の腰痛は椎間関節の次に比較的多くみられます。

お尻~背中の範囲で痛みが現れますが、多いのはウエストの外側辺り

に多くみられます。

 腰背部の筋肉は、浅背筋と深背筋にわかれています。

このうち筋・筋膜性の腰痛は深背筋にみられ、深背筋の脊柱起立筋に

多くみられます。

IMG_20180822_115711_LI (4)


 発症は、強く力が働いた時に発症しやすいです。

スポーツで身体を捻ったり、伸びたりした時。

転びそうになりこらえた時などでも、発症したりします。

 筋・筋膜性の腰痛は、腰背筋の筋や筋膜の過伸展、部分断裂、

により炎症がおきます。

 最初はあまり痛みを感じなくても、徐々に痛みがあらわれる

事が多いです。

 押すと痛みがハッキリとしていて、急性期には熱感や腫脹が

見られることもございます。


まず、安静が第一になります。痛み出して、1日~2日は無理をすると痛みが

強くなる事があります。入浴も急性期は止めた方がよいでしょう。アルコールも、

急性期や強い痛みがある場合は炎症を悪化させるので、止めた方が良いでしょう。

初期対応で、その後の治療経過が変わるので、早く治療を終えたい場合にはきちんと

安静と治療をされる事を、お勧めします。


 当院では、鍼灸、マッサージ、関節モビリゼーション、電気治療、

温熱療法、腰痛体操、日常生活指導などで、早期に回復を促します。

 お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 腰痛

母指CM関節(親指の付け根辺り)の痛み

2018年8月13日 (月) 12:19

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 お盆はちょっと涼しく感じますね。

今年は、7月が異常に暑くて体力消耗しましたが、秋が来る

のが少し早くなるかもしれませんね。


 母指の付け根の関節をCM関節と言います。

この部分、けっこう痛くなる人が多くみられます。

この関節は、親指が色々な方向に動かせるように、鞍関節(馬の鞍のような形

の関節)になっています。そのため、

 びんの蓋やペットボトルの蓋を開ける時、物をつかむ時、包丁を使う時,

シャツのボタンを留める時などに痛むことが多いです。

s_IMG_20180811_213928_LI (2)


 原因としては、母指の酷使、外傷によるもの、加齢による変形性関節症、

関節の軟骨摩耗などがあります。変形性の場合には、あきらかに関節が亜脱臼

している場合もあります。

 症状としては、運動時の痛み、腫脹、変形、場合により自発痛がある事も

あります。


 治療は、まず固定があげられます。

包帯、テーピング、装具などで固定することで、強い痛みを軽減することが

できます。関節モビリゼーション、母指周りの筋緊張緩和などで、初期の

痛みはかなり楽になることが多いです。症状が進行してしまうと、厄介な

場合もございます。


 気になるようでしたら、お気軽にご相談ください。


カテゴリー: 手首の痛み

手首の痛み ~マウス腱鞘炎~

2018年8月11日 (土) 22:05


こんばんは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 お盆休みは、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

今年の夏は、特に暑く、身体も疲れていると思いますので、

無理をされずに、休養もとるようにしてくださいね!


 手首の痛みで最近増えているのが、マウス腱鞘炎です。

PCを使用する際に、マウスを使う事が多い方もいらっしゃいます。

力を入れていないようでも、マウスを持つ体勢や指の使い方などで

徐々に痛みが現れる事があります。


 固い机の上にマウスを置いて使用すると、手首が圧迫されてしまいます。

これが長時間続くと、徐々に手首のあたりに痛みが現れてきます。

また、人差し指でクリックすることが多いと、人差し指の関節や

腱鞘に痛みがあらわれます。

s_IMG_20180811_213928_LI


 大事なのは姿勢がまず1番にあげられます。

手首が机と水平になるように、力を抜いてマウスを使用します。

手首が上がっていたりすると、手首に負担がかかり痛みやすい事が

多いです。


s_IMG_20180811_214049_LI (2)

s_IMG_20180811_214051_LI

 固い机の上ではなくマウスパッドを置いて、その上にマウスを

置いてしようする方が良いでしょう。手首置きのあるマウスパッド

もあるので、そいういものを使用する方が良いでしょう。

 人差し指の痛みに対しては、マウスのクリックが軽いもの

良いでしょう。1日に何千回と力をいれてクリックしていれば、

痛くなることもあると思います。

 また、PCの設定でダブルクリックではなく、シングルクリックや

右クリックに変更できる設定もあるみたいです。

 なるべく力を抜いて、指の負担が少ない方がよいので、設定を変更

するのも、予防や痛みを軽減させるのによいでしょう。



当院では、包帯、テーピング、装具などの固定や超音波、電気治療、手技療法などで

早期回復につとめます。

 マウスやPCを使用中に違和感を感じたら、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 手首の痛み

手首 親指側の痛み(腱鞘炎、ドケルバン病)

2018年8月2日 (木) 16:14

 こんにちは

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 暑い日が続いています。少し体調を崩し夏バテ気味なので、

食事で栄養補給しようと思います。

 夏バテに必要なのは、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、炭水化物

などバランスよく食べる事です。

特にクエン酸やビタミンB、たんぱく質は、疲労回復に効果ありますので

意識的に摂取することも大事になります。

 豚肉、レバー、かんきつ類、キウイ、枝豆、オクラなど、摂取して

暑い夏を乗り切りましょう。


 手首の親指側の痛むことはありませんか?

パソコン、スマホ、赤ちゃんの抱っこ、家事や仕事での酷使など

色々なケースで痛くなることがあります。

 最近では、スマホの片手打ちで特に多いと思います。

痛くなりやすいのは、親指の背側外側の母指伸筋と母指外転筋

部分で、ドケルバン病と言います。いわゆる腱鞘炎です。

IMG_20180802_154544_LI


 一度なると、慢性化や悪化することも多く、放置するのは良くありません。

日常生活や仕事で母指は非常に多く使用し、痛みがあるので思うように指を

使うことが出来ずらくなります。

 なるべく痛みを感じたら、早めに対処することが大事になります。

腱鞘炎の部分を、押すと痛む、伸ばすと痛む、力を入れると痛む、ずきずき

痛む、熱っぽいなどの症状があります。

 当院では、包帯、テーピング、装具などの固定や超音波、電気治療、手技療法などで

早期回復につとめます。

 親指に違和感を感じたら、お気軽にお問い合わせください。







カテゴリー: 手首の痛み

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お知らせ

2021.2.1
3月より、毎週木曜日を終日お休みとさせて頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2021.2.1
初回&2回目まで、2980円!! キャンペーン実施中。(8900円コースが2980円!! 2月15日まで) お気軽にお問合せください。
2020.12.14
年末年始のお知らせ 12月30日~1月4日まで、お休みいたします。年始は1月5日からになります。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop