住吉駅徒歩10分。この道15年老舗鍼灸接骨院。カウンセリングに定評あり

治療院ブログ

肩こりは、肩の凝り?

2017年8月26日 (土) 15:46

こんにちは!ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


多くの方が、肩こりになった経験があると思いますが、

肩こりってどのような状態でしょうか。

簡単に言うと、肩の肩甲骨の上あたりにできた凝り、

という事になります。しかし、なぜそこに凝りができる

のでしょうか。


 肩こりができやすい部位は、緊張しやすい筋肉の部位で

おこります。頭の重みを首~背骨にかけて、腕の重み

を肩甲骨や鎖骨と支える筋肉が負担を感じ、慢性的に疲労が

蓄積する事により、凝りができやすくなります。

 じゃあ凝りだけ軽くなれば、問題ないのかと言うと、

そうでない場合も多々ございます。


 肩こりの中には、疾患が潜んでいる場合もあります。

頸椎椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、後縦靭帯骨化症、

頸椎神経根症、胸郭出口症候群、頚肩腕症候群、

頸椎症性脊髄症、五十肩、肩の腱板断裂、悪性腫瘍等々。


肩こりが、なかなか取れない。揉んでも軽くならない。だんだん辛くなるなど、気になる症状がございましたら

お気軽にご相談ください。



カテゴリー: 肩こり

肩こり

2017年8月24日 (木) 16:50

こんにちは!ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 今日のお話は、肩こりです。

日本人のほとんどが、肩こりになった事があるのでは

ないでしょうか。特に、デスクワークをされている方では

、ほとんど肩こりの経験があるのではと思います。

 その中でも、特に大事なのは姿勢です。

頭の重さは、男性約5キロ、女性約4キロ。

体重の12分の1位だそうです。5キロというと、

ボーリングの球と同じ位の重さです。

 それを首~背骨で支えているのですから、少しでも

負担のかかる姿勢でいたら、周りの筋肉にかかる負担は

相当なものになります。

 では、首や背中など周りの筋肉に負担のかからない

理想的な姿勢って、どのような姿勢でしょうか。


 横から見た際に、耳の穴肩の中心線がまっすぐに

並ぶ位置。

 あごを突き出さないで、後頭隆起(頭の後ろの出っ張り)耳の穴

頬骨弓下縁(ほほの骨の下縁)を結んだ線が水平に

なる位置。

 自分ではなかなか、その位置がわかりにくいので、誰かに

確認してもらうと良いかもしれませんね。


 良い姿勢でいると、小顔にみられますよ!

カテゴリー: 肩こり

円形脱毛症になりました! ~④~

2017年8月16日 (水) 18:55

こんにちは!ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


 先日からの、ブログの続きになります。

鍼治療を週に2~3回、自らやってみました。

少し痛みのある場所が出てきたので、感覚が戻って

きている感じがしました。

 ステロイドの塗り薬も、併用してみました。

早期に、なるべく早く鎮静化させて、好循環にさせようと

思い、休み時間や帰宅してから鍼治療をしていました。

 当院で毎月、仲間と集まり勉強会をしているので、

仲間に診てもらい、鍼をしてもらいました。

IMG_20170525_182039 IMG_20170525_182052 IMG_20170611_013526

髪の毛で隠すと(隠れてませんが……)こんな感じです。

なかなか、大きさが変わらず焦っていましたが、この後、変化が出始めたので、落ち着いてきました。

多発性の脱毛症の場合、さらに脱毛箇所が増えるのではと、考えてしまい、マイナス思考になる事でストレスがたまり、あまり良くないのですが、やはり考えてしまう事が多かったです。

カテゴリー: 円形脱毛症

眼精疲労④

2017年8月7日 (月) 21:27

こんにちは!

ゆらぎ接骨院・鍼灸院の池田です。


先日のブログで、眼の中の筋肉が関係して

いると、お話させて頂きました。

本日も眼の中の筋肉について、お話いたします。


眼に入る光量を調節する機能があります。

カメラで言えば、レンズの絞りになります。

眼に入る光量を調節する筋肉が瞳孔括約筋瞳孔

散大筋といいます。


瞳孔括約筋により、瞳孔が縮小して眼に入る

光量を少なくします。

瞳孔散大筋により、瞳孔が広がり眼に入る

光量を多くします。

普段、パソコンなどで画面を見ている時には、

光量を減らそうと、瞳孔括約筋が働き、筋肉を

使い続けています。

なるべく、長時間のモニターやスマホなどは、

休憩を挟んだり、画面の設定で少し明るさを減らし

眼にやさしい環境にして頂く事を、オススメ致します。


朝、会社に行くとき等、朝日で眼が痛いまぶしい

等の症状がある方は、ご連絡ください。

眼精疲労になっている可能性があります。

眼の周りのツボを刺激することで、緊張もゆるみ

視界が広がります。

眼精疲労、肩こり、頭痛などでお悩みの方は当院の

眼精疲労コースをお試しください。

カテゴリー: 眼精疲労

ゆらぎ接骨院・鍼灸院

【住所】 東京都江東区千田6-17
【アクセス】 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「住吉駅」徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」徒歩15分
【診療時間】 月~金:9~13時,15~20時/土:9~15時
【休診日】 木曜,日曜・祝日

03-5690-0178

ブログカレンダ−

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お知らせ

2021.8.4
夏季休暇のお知らせ 8月8日~15日まで、お休みとさせて頂きます。
2021.4.24
GWのお知らせ 日曜・祝日はお休みになりますが、5月5日(水)は通常通り、行っております。お気軽にご連絡ください。
2021.2.1
3月より、毎週木曜日を終日お休みとさせて頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
  • しんきゅうコンパス

しんきゅうコンパス

ページの先頭へ戻る

gotop